こんにちはフライパンです。

壁にある障害物の切抜きについて書かせていただこうと思います。

壁にある障害物と言っても形状や奥行き場所により抜き方はかなり変わりますかね。

何点か例を出して私のやり方を。




窓の切り抜きについて下のような状況の場合


toire

トイレや廊下の突き当たりなんかに多いパターンですが、ちょうどクロス一枚分で一枚で貼る場合、窓枠の両サイドの縦部分のみフリーハンドで窓枠に沿わせて切っています。

おそらくですが皆さんと違うのはクロスの撫でつけやエアーを抜く前、とにかく一番最初の段階で両サイドのみ切ります。それからその縦ラインを窓枠に突きつけ空気を逃がしていきます。

縦柄のクロスで曲げたくない時に非常に有効かと。あとは空気を抜いてからカットするとどうしてもカットした部分がアールになりますよね??それが嫌いなんですよね。


注意点としては一番最初に切る段階で窓枠にしっかり貼りつけクロスにテンションをかけることです。



ブレーカーの切り込み


bure


上図のような場合ならば

まず右側ジョイントのかぶせを均一、柄物の場合は合わせて貼ります。

赤線部分をしっかり押さえてフリーハンドでカット(色物のクロスなどコーキングで逃げられないクロスのときは長めに切りますが大概ぴったりカットしています。)

青部分にジョイントが来るように割をいれちゃいます。(質問ではジョイントをしないようにということでしたが、ブレーカーの場合は入れることが多いですかね。汗)

青部分と書きましたが天井方向が狭ければ天井方向に割を入れます。一番狭い方向に割を入れてますね。






真ん中あたりにブレーカーが来た場合

bure2

上図のような位置でクロスを貼りたい場合は

bure3

一度上図のように仮貼りすることもあります。寸法を大雑把に出して切り込みを入れてから貼ったりもしますかね。



ブレーカーの形状にもよりますよね。


bure4

下手くそな絵ですみません。笑

横から見た図でAのパータンとBのパターンがあるとおもうのですがAのパータンの圧倒的に厄介です。Bのパターンなら養生してわりと普通に貼れますよね。



シェアハウスのメンテさんがキズをつけない方法がないかな?ということでしたが、私も既存の障害物に傷をつけるのが嫌いで壁の場合は必ずクロスを浮かせた状態でカッターで切込みを入れたりはさみを使っています。




エアコンの場合

eakonn

青線のようにジョイントする場合が多いです。機械でカットする段階で上下分けてとったりします。


eakonn1

柄物の場合寸法取りの段階で上のようになるように貼り付けることも多々有ります。その場合ブレーカー同様、ジョイントをしっかり合わせてはりつけエアコン右部分のみフリーハンドでの切り込みですね。

エアコンは左右に動くので壁いっぱいについていなくて隙間があるようならばはじめのクロスはエアコンを左いっぱいに寄せて貼ります。2枚目のクロスは右いっぱいに寄せて貼ります。

張り上げてから戻すとクロスがなるべくエアコンの下になりますよね。





引っ掛けシーリングは外します。

引っ掛けシーリングですが形状にもよりますが外すことが多いですかね。切込みが難しいなと思うものは外します。

ツラで丸く切って問題ない場合はツラで切りますが厚みが2cmくらいになるとツラで切った場合、こうなります。

hikkake


→方向から貼り出した場合赤線部分はうまく切れますが青い部分が透いたりします。無地物で仮貼りして切り込みいれてから真ん中から両サイドに逃げればなくなるかもしれませんが、私は張り出しからエアーを抜いていくので赤線部の半円のみシーリングのツラでフリーハンドで切って青部分はハサミで細かく切り込みを入れたりしますね。


火災報知機の場合なんかもこの方法ですが、取り外せる物は取り外します。ただ火災報知機はなると困るんですよね・・・




文章多くて読みづらいですがご勘弁を。

アクセス解析で需要があったら画像追加していくかも。です。笑

いいわけですがほんとは写真をとってUPしたかったんですが現場的に常に時間に追われてまして、心にゆとりがありません。天井についてはひとりだと写真取ってる場合じゃないんで。笑






PS.お盆は休めそうですが、家族サービスと事務仕事に追われそうです。

明日は、というか今日ですね。8/12現在仕事しますよ~。休みてーなぁ。





それではまた。